池田ライオンズクラブ
IKEDA LIONSCLUB…猪名川花火大会、五月山動物園のアルパカ、がんがら火祭りの画像
We Serve 《我々は奉仕する》

ごあいさつ

池田ライオンズクラブ 第60代会長 深井 学

会長テーマ:「持続可能な奉仕で未来に繋ぐ」

深井会長ポートレート

池田ライオンズクラブは川西ライオンズクラブのスポンサーにより1959年11月4日に結成され翌年1960年5月14日にチャーターナイト式典を挙行し、日本における第149番目、335-B地区では11番目のクラブとして誕生致しました。そして、本年CN60周年を迎えます。

就任するにあたり、60年に亘り栄えある歴史と輝かしい伝統を築き守ってこられた諸先輩方に敬意を表しつつ、我がクラブが今後も100年、200年とそして更なる未来へと存続する組織であり続ける意義とそれを守り継承していかなければならない責務を改めて感じ、身の引き締まる思いです。

60年を人に例えると「還暦」といわれ、この年周りには社会的な変化や体調の変化など、色々なことが起こりやすいといわれています。組織の活動も同様、従来の習慣や伝統を重んじるがばかり改革が進まず、時流に合わなくなるとやがて崩壊の兆しという変調が出てきます。逆に存続し続ける強い組織は多様性を強みとしており、さらにその多様なメンバーが共有できる「軸」が明確に存在しています。ある民間企業では「会社の収益」が軸となるのに対し、ライオンズクラブの軸は「"We Serve"(われわれは奉仕する)」だと考えます。

結成60年目を一つの節目と捉え、池田ライオンズクラブは今年、CN60周年記念事業として従前のアクティビティに加え、青少年育成事業を充実体現し、また例会ではゲストスピーチを積極的に取り入れ、時流に合った話題の提供を行うことで、奉仕の受益者ニーズひいてはメンバーが結束し続けられる「軸」を模索していきたいと思います。以下に今年度の重点実施項目を述べます。

  • CN60周年記念事業の実施(記念講演のほか、青少年育成事業の充実)
  • 周年記念式典や周年記念ゴルフの実施
  • 例会の充実(心のこもった例会を目標に、キーワードを「ハートフル」。1泊例会や60年の歩みメンバースピーチ、生命科学や人工知能などこれからの時流の話題提供、他クラブとの合同例会を実施)
  • レガシーの整備(交通安全啓発塔、国際平和ポスター掲示板ほか)
  • 献血活動・骨髄バンク登録の強化
  • YCE(青少年海外派遣及び受け入れ)の実施
  • 会員拡大(組織の多様性をさらに強固に)

今年度は周年事業や式典、例会の充実等何かと忙しい1年になろうかと思いますが、メンバー皆様と楽しみながら乗り越えていこうと思っております。引き続き、多大なるご協力、ご尽力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

CN60周年ロゴマーク
CN60周年と次のステージの扉を開く「鍵」をイメージしています

池田ライオンズクラブ…自由を守り 知性を重んじ 国の安全をはかる
ホーム
ごあいさつ
概況
役員紹介
会員募集
リンク
アクセスマップ・お問合せ
50周年記念事業
会員専用ページ(要パスワード)
写真館(要パスワード)